So-net無料ブログ作成
検索選択

足利事件再審公判 録音テープ再生へ 菅家さん“自白”の経緯問う(産経新聞)

 平成2年に足利市で当時4歳の女児が殺害された「足利事件」の再審公判が21、22の両日、宇都宮地裁(佐藤正信裁判長)で開かれ、当時、別の女児殺害事件で菅家利和さん(63)を取り調べた録音テープが法廷で再生される。DNA型鑑定とともに有罪の柱とされ、誤判を生んだ菅家さんの“自白”。公判では、併せて取り調べた元検事の証人尋問も行われ、うその自白が生まれた経緯が問われることになる。

 録音テープは120分テープで15本あり、3年12月20日から約1年間、取り調べ約25時間分を収録。同地裁によると、再生されるのは、森川大司元検事の取り調べ分で、初公判直前の4年1月28日、同2月7日と、菅家さんが公判で否認に転じる直前の同12月7、8日の計4本(約8時間分)という。

 弁護団が裁判所に提出した資料などによると、12月のテープには、菅家さんが一度は否認しながらも、DNA型鑑定の結果などを示されて検事から追及され、再び「自白」する様子が収録されている。こうしたうその自白が法廷で再生されるのは極めて異例。さらに22日には、森川元検事の証人尋問が行われる。

 テープの再生を求めてきた弁護団は「どのような経緯でうその自白に追い込まれたが分かる衝撃的なテープ。検事の取り調べで菅家さんは自由に供述できなくなり、公判での自白を導いている」と指摘する。一方、地検側は「取り調べのプロセスに違法な点はなく、自白は菅家さんの任意によるものという主張は変わらない」としている。

「新党発言は自粛を」自民若手、結束呼びかけ(読売新聞)
オウム元幹部・新実被告の上告棄却、死刑確定へ(読売新聞)
デイリースポーツ電子版発行へ=神戸新聞社(時事通信)
5月から市町村ごとに発表=気象庁の警報・注意報(時事通信)
常総線踏切で列車と衝突、軽乗用車の女性けが(読売新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。