So-net無料ブログ作成
検索選択

名張毒ぶどう酒、高裁差し戻し=再審取り消し破棄−「さらに科学的検討を」・最高裁(時事通信)

 三重県名張市で1961年、農薬入りぶどう酒を飲んだ女性5人が死亡した「名張毒ぶどう酒事件」で殺人などの罪に問われ、死刑が確定した奥西勝死刑囚(84)の第7次再審請求特別抗告審で、最高裁第3小法廷(堀籠幸男裁判長)は5日付で、「科学的検討が尽くされていない」として、再審開始を取り消した名古屋高裁の異議審決定を破棄、審理を同高裁に差し戻す決定をした。
 再審請求をめぐり、高裁の決定を最高裁が覆すのは極めて異例。結論の方向性は示されておらず、再審が認められるかどうかは、差し戻し審での証拠調べ次第となる。 

【関連ニュース
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
〔用語解説〕「中国の死刑制度」
背後に覚せい剤国際密輸網=赤野死刑囚、判決に不満も
日本人に死刑執行=麻薬密輸罪で、国交正常化後初

「出会い系」利用料詐欺、5人逮捕…被害2億円(読売新聞)
「首相にふさわしい」大差で舛添前厚労相(読売新聞)
BPOが日テレに質問状 「行列のできる相談所」で(産経新聞)
0歳長男の頭を蛇口にぶつける 虐待容疑で父親逮捕 (産経新聞)
マンション火災、重体の父死亡=川崎(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。