So-net無料ブログ作成
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ
前の10件 | -

首相動静(1月29日)(時事通信)

 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前9時7分、公邸発。「完全失業率が0.1ポイント改善し、5.1%となったが」に「楽観はできないと思っている」。同9分、官邸着。同11分、執務室へ。同16分、同室を出て、同17分、大会議室へ。
 午前9時18分から同36分まで、少子化社会対策会議。同37分、大会議室を出て閣僚談話室へ。同39分、同室を出て閣僚応接室へ。同40分、閣議室に移り、閣議開始。
 午前10時29分、閣議終了。同30分、閣議室を出て、同32分、執務室へ。
 午前10時41分、松井孝治官房副長官、平田オリザ内閣官房参与が入った。
 午後0時8分、松井、平田両氏が出た。
 午後0時12分、執務室を出て首相会議室へ。同13分から同31分まで、松井官房副長官、平田内閣官房参与と昼食。同32分、同室を出て執務室へ。同37分、同室を出て、同38分、官邸発。同39分、国会着。同40分、衆院第14控室へ。同42分から同52分まで、民主党代議士会に出席し、あいさつ。同53分、同室を出て、同54分、衆院議長応接室へ。同59分、同室を出て、同1時、衆院本会議場へ。同2分、衆院本会議開会。
 午後2時50分、衆院本会議散会。同51分、衆院本会議場を出て、同52分、国会発。同53分、官邸着。同54分、執務室へ。
 午後3時22分、執務室を出て、同23分、官邸発。同24分、国会着。同26分、参院議長応接室へ。同27分、同室を出て、同28分、参院本会議場へ。同31分、参院本会議開会。
 午後5時12分、参院本会議散会。同13分、参院本会議場を出て、同15分、国会発。同17分、官邸着。同18分、執務室へ。
 午後5時57分、執務室を出て、同58分、大ホールへ。同59分から同6時7分まで、報道各社のインタビュー。「施政方針演説は国民に伝わったと思うか」に「一生懸命演説をいたしましたから、できれば国民の皆さんの心に響いていただければなと思っています」。同8分、大ホールを出て閣僚談話室へ。同9分、同室を出て大会議室へ。同10分、アイヌ政策推進会議開始。同19分、同会議を途中退席し、首相会議室へ。同20分、岡田克也外相、松野頼久官房副長官、杉山晋輔外務省地球規模課題審議官が入った。
 午後6時57分、岡田、松野、杉山各氏が出た。同58分、首相会議室を出て執務室へ。同59分から同7時9分まで、岡田氏。
 午後7時31分、執務室を出て、同32分、官邸発。同38分、東京・赤坂のビル「TS共和六番館」着。同ビル内の日本料理店「一ツ木 竹林草」で民主党の輿石東参院議員会長、高嶋良充参院幹事長、平田健二参院国対委員長と食事。平野博文、松井正副官房長官、小川勝也首相補佐官同席。
 午後10時18分、同所発。
 午後10時36分、公邸着。
 30日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜東京地検、小沢事務所から2000万円押収〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
捜査は検察の政権つぶし〜民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
難問山積 問われる首相の決断力〜普天間、小沢氏団体問題にどう対応?〜

数十秒の沈黙とすすり泣き…生々しいやり取り(読売新聞)
追試実施は見送り=「インフル患者減少」−東大入試(時事通信)
「学校の感度低い」=児童虐待死事件で−文科相(時事通信)
「徳之島案」否定せず=普天間、ゼロベースを重ねて強調−鳩山首相(時事通信)
自民・谷垣総裁、片山元総務相の公認に「慎重」(産経新聞)

<八王子夢街道駅伝>応援はハンカチふって エコ配慮(毎日新聞)

 東京都八王子市で2月7日に開かれる「スーパーアルプス第60回全関東八王子夢街道駅伝競走大会」(毎日新聞社など後援)で、大会実行委員会(会長・黒須隆一市長)は、沿道の観客用の応援グッズに布製ハンカチ「ふれふれハンカチ」を採用することを決めた。

 これまでは紙製小旗を配っていたが、大会後に大量のごみとなることから、環境問題に配慮し、記念品としても持ち帰れるハンカチを考案した。30センチ四方で、白地に青で大会ロゴと「WE LOVE HACHIOJI」のメッセージを印刷。実行委、そごう八王子店、毎日広告社多摩武蔵野支社が計5000枚を作製、大会当日に沿道などで配布する。

 大会は公道を使用する駅伝としては国内最大規模。今回は過去最多の466チームが参加し、2月7日午前10時にJR八王子駅北口をスタートする。【河嶋浩司】

【関連ニュース】
ひと:白水昭興さん 実業団駅伝で初優勝の日清食品G監督
都道府県女子駅伝:岡山が初優勝 6連覇狙った京都は3位
箱根駅伝:今年も東洋大・柏原が異次元の走り見せる
選抜女子駅伝北九州大会:一般は天満屋、高校は興譲館がV
都道府県男子駅伝:兵庫3度目V 3連覇狙った長野は5位

<お別れ会>浅川マキさん=3月4日、東京・新宿ピットイン(毎日新聞)
<陸山会土地購入>石川容疑者の準抗告棄却 東京地裁(毎日新聞)
独特の色彩、初の「“画家”忌野清志郎」個展始まる(産経新聞)
<可視化法案>今国会提出「難しい」…千葉法相ら(毎日新聞)
「平和、人権、環境を尊重」=日教組教研集会が終了−山形(時事通信)

足利事件再審公判 録音テープ再生へ 菅家さん“自白”の経緯問う(産経新聞)

 平成2年に足利市で当時4歳の女児が殺害された「足利事件」の再審公判が21、22の両日、宇都宮地裁(佐藤正信裁判長)で開かれ、当時、別の女児殺害事件で菅家利和さん(63)を取り調べた録音テープが法廷で再生される。DNA型鑑定とともに有罪の柱とされ、誤判を生んだ菅家さんの“自白”。公判では、併せて取り調べた元検事の証人尋問も行われ、うその自白が生まれた経緯が問われることになる。

 録音テープは120分テープで15本あり、3年12月20日から約1年間、取り調べ約25時間分を収録。同地裁によると、再生されるのは、森川大司元検事の取り調べ分で、初公判直前の4年1月28日、同2月7日と、菅家さんが公判で否認に転じる直前の同12月7、8日の計4本(約8時間分)という。

 弁護団が裁判所に提出した資料などによると、12月のテープには、菅家さんが一度は否認しながらも、DNA型鑑定の結果などを示されて検事から追及され、再び「自白」する様子が収録されている。こうしたうその自白が法廷で再生されるのは極めて異例。さらに22日には、森川元検事の証人尋問が行われる。

 テープの再生を求めてきた弁護団は「どのような経緯でうその自白に追い込まれたが分かる衝撃的なテープ。検事の取り調べで菅家さんは自由に供述できなくなり、公判での自白を導いている」と指摘する。一方、地検側は「取り調べのプロセスに違法な点はなく、自白は菅家さんの任意によるものという主張は変わらない」としている。

「新党発言は自粛を」自民若手、結束呼びかけ(読売新聞)
オウム元幹部・新実被告の上告棄却、死刑確定へ(読売新聞)
デイリースポーツ電子版発行へ=神戸新聞社(時事通信)
5月から市町村ごとに発表=気象庁の警報・注意報(時事通信)
常総線踏切で列車と衝突、軽乗用車の女性けが(読売新聞)

<平野官房長官>米大統領の広島訪問の意向を歓迎(毎日新聞)

石川容疑者事務所から水谷元幹部の名刺押収(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部が民主党衆院議員、石川知裕容疑者(36)の議員会館事務所から水谷建設元幹部の名刺を押収していたことが18日、関係者の話で分かった。石川容疑者は逮捕前の任意の事情聴取に「水谷の人間とは会ったことがない」と説明していたという。

 元幹部は特捜部に「平成16年10月中旬、石川容疑者に5千万円を手渡した」という趣旨の供述をしており、特捜部は、石川容疑者が水谷側との接点を隠す意図があったとみて捜査を進めている。

 関係者によると、石川容疑者は、5千万円授受があったとされる日の次の銀行営業日に、同額を陸山会の口座に入金。この入金分を含む4億円を陸山会の土地代金に充てた。こうした経緯から、特捜部は土地代金に水谷側の資金が含まれていた疑いがあるととみている。

【関連記事】
小沢氏問題で民主に「暗闘の予兆」 世論調査結果に動揺
小沢氏元秘書の議員ら“沈黙” 「徹底追及」と野党
通常国会召集 冒頭から大荒れの様相 審議日程決まらず
石川議員の弁護士はどんな人? 麻原、林真須美も担当
民主衆院2期生が石川容疑者逮捕を批判する会合

得点調整行わず=センター試験(時事通信)
米国車700台にエコカー補助=簡易制度の輸入車に特例−政府(時事通信)
<ニュース1週間>日本航空、会社更生法の適用申請/小林繁元投手急死(毎日新聞)
ヴィトン強盗団、今度は大阪!通行人目の前で正面ガラス割り侵入(スポーツ報知)
大阪・槙尾川ダム 「100年に1度の大雨」想定なら 総事業費866億円(産経新聞)

経団連会長、自民大会欠席へ=民主に遠慮? (時事通信)

 日本経団連の御手洗冨士夫会長が24日の自民党大会に欠席することが21日、分かった。経団連は同党と密接な関係にあるが、政権交代で民主党との関係構築が急務となっており、自民党内では「政権与党の民主党に遠慮したのではないか」との見方も出ている。
 経団連会長は例年、来賓として党大会に出席してあいさつしており、今回も出席する予定だった。関係者によると、経団連側から中国出張のため会長は欠席するとの連絡があったという。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕華麗なる仏大統領夫人 カーラ・ブルーニ
首相「小沢氏は同志」=メルマガでも擁護
小沢氏擁護で一体=「潔白信じる」、可視化でけん制
労使の信頼関係揺るがす=定昇見直しに反論

<足利事件再審公判>聴取テープを再生 菅家さん否認の別件(毎日新聞)
実篤バレンタインチョコ限定販売(産経新聞)
引火相次ぐ酸素濃縮装置、厚労省が注意喚起(読売新聞)
追試実施は見送り=「インフル患者減少」−東大入試(時事通信)
阪神大震災 防災教育の重要性浮き彫り(産経新聞)

遣唐使船を再現、上海万博に向け5月出港へ(読売新聞)

 飛鳥時代から平安時代にかけて、中国大陸と日本を行き来した遣唐使船を再現し、今年5月に開幕する上海万博の会場に派遣するという、古代のロマンにあふれた計画が進められている。

 「遣唐使船再現プロジェクト実行委員会」(角川文化振興財団主催、読売新聞社など後援)が現在、中国で建造を急いでいる。関係者が22日に都内で記者会見し、正式に計画を公表する。

 遣唐使船の再現は上海万博に合わせ、「日中交流、友好の先駆けであり、シンボルとも言える遣唐使船を再現することで、新たな日中交流を展開していきたい」(同実行委員会)として企画された。

 7世紀から始まった遣唐使は、外交使節団としての任務のほか、大陸文化を吸収する役割を果たした。奈良国立博物館によると、9世紀の平安時代までに、計画のみで終わったものも含めて20回の遣唐使が記録に残っている。最盛期には4隻の船団に500〜600人が分乗して、荒波を乗り越えて唐へ向かったという。

 遣唐使船の構造などを記した詳しい資料は少ない。後世の絵巻物などから推測するしかなく、想像も織り交ぜて再現される。建造中の船は全長30メートル。船体は鉄鋼で造り、表面に木材を基調とした装飾を施す。マストには竹で編むなどして作られた帆を張り、古代船さながら手でこぐことも可能という。上海近くの造船所で建造が進んでおり、3月の進水式を目指している。

 完成後は日本に運ばれ、5月に大阪を出港する。遣唐使が実際に航行したといわれる瀬戸内海のコースをたどりながら、長崎・五島列島へ向かう。その後はいったん輸送船に積み込まれ、上海の万博会場近くに係留される。

【中医協】勤務医対策、病院側の立場の違いくっきり(医療介護CBニュース)
【再生の街 水谷門下生の震災15年】(中)神戸市兵庫区・松本地区 (産経新聞)
首相動静(1月18日)(時事通信)
<参院>首相、従来主張繰り返し 「政治とカネ」追及に(毎日新聞)
「40人学級」見直し 少人数教育へ上限下げ 30年ぶり(産経新聞)

働く20〜40代の6割が貯金300万以下(産経新聞)

 ニフティが昨年11月、全国20〜40代の働く男女計900人(各世代男女150人)に行った貯金に関する意識調査で、全体の6割超が貯金額は300万以下であることが分かった。

 調査結果によると、全体の貯金額は1万〜100万円が最多で33・2%。次いで101万〜300万円が26・2%。0円の6・0%を含め、300万円以下が65・4%だった。

 世代別では、貯金が全くない人は20代3・0%、30代6・3%、40代8・7%。一方、1001万円以上は20代1・3%、30代9・3%で、40代では19・0%だった。40代では、貯金額に大きな差がみられた。

 貯金をする目的(複数回答)のトップは「老後のため」で全体の48%。女性の55・3%に対し男性は40・6%で、女性のほうが老後への不安が高い傾向がうかがえた。そのほか、「趣味のため」(37・6%)「教育資金」(20・2%)「マイホーム資金」(19・0%)などが続いた。

「地域の神様」「単なるお守り」=雅楽、みこの舞いも−市有地の神社・政教分離訴訟(時事通信)
<陸山会土地購入>強制捜査に発展 世論読めず、戦々恐々(毎日新聞)
覚醒剤使用で元「光GENJI」赤坂晃容疑者を起訴 千葉地検(産経新聞)
名古屋市長 住基ネット離脱方針(産経新聞)
阪神大震災 「中越」被災者が交流 山桜の箸贈る(毎日新聞)

歌手の浅川マキさん死去=ユニークなライブ活動を展開(時事通信)

 黒装束に身を包んだ独特のライブ活動で知られた歌手の浅川マキさんが公演先の名古屋市内で亡くなっていたことが18日、分かった。67歳だった。所属レコード会社などによると、17日夜、滞在していたホテルで倒れているところを発見され、同市内の病院に搬送されたが、既に死亡していた。死因は急性心不全とみられる。葬儀等の日程は未定。
 石川県白山市出身。高校卒業後に一度就職したものの、その後、歌手を目指して上京。1967年に「東京挽歌(ばんか)/アーメン・ジロー」でデビューした。68年に詩人で劇作家の寺山修司の演出で行ったワンマン公演が評判に。その後はステージを主体とした音楽活動を続け、中でも東京の池袋文芸坐ル・ピリエで毎年大みそかに開催した公演は大きな話題を呼んだ。 

【関連ニュース】
小田実全集、初の電子出版で=来春から刊行
室伏哲郎さん死去=「汚職の構造」のノンフィクション作家
原田康子さん死去=小説「挽歌」がベストセラー
庄野潤三さん死去=家族小説書き続けた「第三の新人」
海老沢泰久さん死去=スポーツ小説で活躍、直木賞作家

<自民党>夏の参院選の公認候補7人を発表 青木幹雄氏も(毎日新聞)
なた突きつけコンビニ強盗、数万円奪う…山梨(読売新聞)
「子ども手当」どう使う? 関西ママは節約志向(産経新聞)
大豆のゲノム解読=品種改良など応用期待−日米チーム(時事通信)
首相「試練だ」 国会開会で危機感(産経新聞)

引火相次ぐ酸素濃縮装置、厚労省が注意喚起(読売新聞)

 在宅医療で使われる酸素濃縮装置のチューブなどに、たばこの火などが引火して患者が死亡する火事が相次いでいるとして、厚生労働省は15日、装置に火の気を近づけないよう都道府県などを通して患者に呼びかけた。

 社団法人「日本産業・医療ガス協会」によると、心肺機能に障害がある人が自宅で酸素を吸引できる酸素濃縮装置は2009年7月現在、全国で約15万人が使用する。

 普及の広がりに伴って事故も増え、03年10月以降では一酸化炭素中毒ややけどで計26人が死亡。特に昨年は6人が次々に焼死した。原因は酸素の通るチューブにたばこの火が移ったケースのほか、装置から漏れ出た酸素でストーブの火が燃え広がったり、漏電が引き金になったケースもあった。

 厚労省は「使用中は火気の取り扱いに十分注意してほしい」としている。

障害者向け小規模多機能の生活介護を全国展開へ(医療介護CBニュース)
大茶盛 初釜に歓声 奈良・西大寺(毎日新聞)
犬種の特徴、遺伝子解析=人間の病気解明にも貢献−米大学(時事通信)
<ロケット花火>誤って着火、知人男性やけど 名古屋(毎日新聞)
人気ゲームの「朝鮮海」表記 コーエー変更明言せず不満くすぶる(J-CASTニュース)
前の10件 | -
-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。